DAY 101 ○



2021/4/7 テントウムシの赤ちゃんとワイルドストロベリー


この春の

わたしのお気に入り生きものランキングTOP5に入るでしょう、テントウムシの赤ちゃん。

フォレストガーデンでは今年、テントウムシが大量発生しています。

(カラスノエンドウのアブラムシも大量発生しているので、この捕食関係のつながりはおもしろい。きっと、いろんな生きものが関係しているだろう。)


そのおかげで、テントウムシの 卵→幼虫→サナギ→成虫 の観察が毎日のようにできる!

ほんとうに不思議だな〜と思うのですが、赤ちゃんはこんなに大きいのに、成虫になると小さく丸く、そしてカラフルになる。

この赤ちゃんがいったい全体どうなって、あの姿になるのか、不思議でたまらない。

サナギの時間、外から見ると全く動かず、何も起こっていないように見えるけど、一体中では何が起こっているのだろう・・・メタモルフォーゼ!

覗きたくなる きもち。

いのちっておもしろい!