DAY 46 Bristle



2021/2/11 ネコジャラシ


春の草に囲まれて、冬の佇まいのネコジャラシたち。

夏には、ぎっしり詰まっていた穂先きも、風に今にも服飛ばされそうなくらいスカスカになり、なんだかこの姿に哀愁漂うな〜と、ついついおうちに連れて帰りたくなりました。


よくよく観察すると、種はもうひとつもなく、骨だけになった姿で、ネコジャラシの骨格がわかっておもしろい!

きっと、夏のネコジャラシをレントゲンで撮ったらこんな感じね。


「もう隠すものなどない!ありのままを見よ!」と、そんなことを言われた気がした。

ネコジャラシさん、わたしまだまだ纏うものがたくさんありますね(笑)

一枚一枚脱いでいこー!と思った朝。 おはよう!

© 2021 Wakana Kawamura